飯能市双柳で「部分矯正/後戻り矯正」|飯能矯正歯科クリニック

キービジュアル

「前歯の一部だけ矯正したい・・・」
「歯並びが元に戻ってきた・・・」

こうしたお悩みをお持ちの方は、ご相談ください。
38.5万円~

  • 気になる出っ歯やすきっ歯の「部分矯正」
  • 過去に矯正した歯が元に戻ってきてしまった「後戻り矯正」
  • 相談料・検査料は0円

部分矯正・後戻り矯正とは?

画像

部分矯正や後戻り矯正は、全顎矯正とは異なります。当院ではより精度の高い治療を実現するために、さまざまな取り組みを行っています。それぞれ、ご紹介します。

部分矯正とは?

画像

部分矯正とは、気になる部分の歯並びを改善するために行われる矯正治療の一種です。
全体的な歯並びを整えるのに比べ、気になるところだけを集中的に治療するので、早期に結果に結びやすいのが特徴です。

部分矯正の目的

目的1歯並びを改善

部分矯正治療は、特定の部分の歯並びを改善することを目的としています。
前歯だけが気になる方や、短期間かつ低価格で矯正したい方に適しています。また、歯並びの凹凸が少ない方にも適しています。

ただし、以下のような方には全体矯正をおすすめします。

  • 歯の凹凸が激しい方
  • 根本的に「歯並び」「噛み合わせ」を治したい方
  • 歯を並べるスペースが足りない方
  • Eラインや骨格を治療したい方

目的2虫歯等の治療後の機能改善

部分矯正治療は、虫歯や歯の割れなどの状態を治療した後、見た目や機能を改善する目的でも行われます。具体的な目的は以下の通りです。

「歯の近心移動」

虫歯治療などで抜歯しないといけなくなった場合、隙間が開いてしまいます。
抜歯をした隣の歯を「矯正治療」で引っ張って移動させ、その隙間を埋めます。

「エクストリュージョン」

虫歯で大きく歯質がなくなってしまうなどのケースでは、歯を上に引っ張り上げる、エクストリュ―ジョンという矯正治療を行うことがあります。
歯を強制的に引き上げて、被せ物やクラウンをするための適切な位置を確保します。
これにより、抜歯を避けながら、歯の機能と見た目を改善することができます

例えば、歯が前方に出ているために歯茎に埋もれてしまっている場合などはエクストリュージョンが必要になることがあります。

エクストリュ―ジョンのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

  • 抜歯を避けられる
  • 歯肉の下の虫歯にも対応可能
  • 一般の矯正に比べて低価格で治療できる

【デメリット】

  • 噛み合わせの改善は難しい
  • 引っ張りだすことにより、埋まっている歯根が短くなり、歯の支え武運が少なくなった結果、健康な天然歯より寿命が短くなる傾向がある
  • 一般的な矯正に比べると自由度は低い

「セパレート」

セパレートは、虫歯によって被せ物をする必要がある場合に、隣の歯が近接している状態である場合に適用されます。
隣接した歯が密着していると、被せ物をする際に隙間がありません。
このような場合、部分矯正によって隙間を作ります

「アップライト」

アップライトは、歯が倒れている場合に、それを起こし上げて長持ちさせるための治療法です。
噛み合わせが悪くなったり、周囲の歯に負担がかかったりなどの問題を解決するために矯正します。
また、倒れた歯はブラッシングが難しく、虫歯や歯周病のリスクが高まることもあるため、アップライト治療で改善します。

部分矯正のメリット

部分矯正は、特に気になる前歯の部分に行われ、以下のようなメリットがあります。

メリット1「低価格」で治療可能

部分的な矯正治療のため、全体的な矯正治療よりも費用が抑えられます

詳細は料金表をご覧ください。

メリット2「目立たない」装置を使用

画像

当院では、透明で目立ちにくいマウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用しています。
これにより、治療中でも周囲の人に気づかれにくくなります。

メリット3気になる部分だけをピンポイントで治療可能

画像

患者さんの希望やニーズに応じて、前歯の一部や特定の歯のみ、あるいは特定の歯列のみを治療することが可能です。

メリット4治療期間が短縮される場合が多い

画像

部分矯正は、全体的な矯正治療よりも治療期間が短くなる傾向があります。
症状が軽く、動かす歯が少ないため、通常3ヶ月から12カ月で治療を完了することができます。
結婚式、就職活動など、大切なイベントまでに治したいという方にもおすすめの治療です。

メリット5痛みが少ない

画像

部分矯正では、主に前歯のみを対象とするため、通常の全体矯正よりも痛みが少ないことがあります。
前歯よりも根が浅く、移動が比較的容易なためです。

後戻りした歯の「再矯正」とは?

画像

後戻りとは、矯正治療後に歯並びが徐々に元の状態に戻ってしまうことを言います。
矯正治療後にリテーナー(保定装置)を適切に装着しなかったことが主な原因です。
人間の体は、怪我をした際に徐々に元の状態に戻ろうとする力を持っています。
同様に、矯正治療後の歯も何もしないと、自然な歯並びに戻ろうとする傾向があります。そのため、矯正治療後にはリテーナーと呼ばれる装置を一定期間装着することが重要です。

当院では、後戻りした歯を元の位置に戻すための後戻り矯正治療を提供しています。
この治療では、患者さんの歯並びの状態や個々のニーズに合わせた治療が必要です。
歯並びを修正し、その後のリテーナー装着によって安定させることで、美しい笑顔を保つための重要となります。

後戻り矯正の「3つの特徴」

後戻り矯正には「低価格」「短期間」「目立たない」という3つの特徴があります。
それぞれを紹介していきます。

特徴1低価格での治療

画像

後戻り矯正は、一般的に部分的な矯正で済むため、比較的低価格で治療が可能です。
全体的な矯正治療に比べて費用が抑えられるため、経済的な負担を軽減できます。
また、当院ではデンタルローンによる分割支払いにも対応しており、毎月の負担を最小限に抑えることもできます。

特徴2短期間での治療

後戻り矯正は、通常の矯正治療よりも短期間で行われることも特徴の1つです。
多くのケースでは数ヶ月程度の治療期間で終了します。
さらに、当院ではライトフォース(light(少ない)force(力))理論に基づいた治療を行っています。歯は弱い力を継続的にかけると動きやすくなるため、ライトフォースの技術が備わった「セルフライゲーションブラケット」や「アーチワイヤー」を使用することで、治療期間の短縮が見込めます。

特徴3目立たない装置で治療

画像

後戻り矯正治療では、透明で取り外し可能なマウスピース型の矯正装置(インビザライン)による治療も可能です。
目立たず、日常生活に支障をきたしません。

コラム綺麗な歯並びを維持するために「後戻りしにくい」矯正治療を!

画像

歯の矯正治療を受ける際、多くの人が気にするのが「後戻り」です。
矯正治療を終えた後、歯が元の位置に戻ってしまう可能性があることは、患者さんにとっても心配事の1つですよね。
一般的に後戻りの原因は、リテーナーの不適切な装着であるとお話しました。
しかし、それ以外にも、後戻りの原因として考慮すべき点があります。

その一つが「噛み合わせ」の問題です。
矯正治療は単に歯並びを整えるだけでなく、噛み合わせを正確に調整することも含まれます。
正しい噛み合わせでないと、歯に不必要な圧力がかかり、歯並びが崩れる可能性があるのです。

当院では、矯正治療を行う際には、噛み合わせの問題にもしっかりと目を向けています。
患者さんの噛み合わせを適切に調整することで、治療後の後戻りリスクを最小限に抑えることができます

近年、矯正治療を提供する医院は増加していますが、ただ歯並びを整えるだけでなく、噛み合わせを考慮した治療を行う医院を選ぶことが重要です。

部分矯正・後戻り矯正治療のステップ

当院では以下のような流れで、部分矯正・後戻り矯正を行います。

STEP1無料カウンセリング

画像

まず、問診票を書いていただいた後、患者さんのお口の状態を詳しくお伺いします。
その後、治療方針や費用について詳細に説明いたします
ご不明点やご要望があれば、お気軽にご相談ください。

STEP2精密検査

画像

写真やレントゲン、歯型の採取をし、患者さんのお口の状態をより詳細に把握します。

STEP3説明

画像

精密検査の結果をもとに、治療計画や現在の歯並び・噛み合わせの状況について、無料カウンセリング時よりも、さらに詳しく説明します。
ご納得いただくまでは治療はスタートしません。
心配なことがあれば、何でもお話しください。

STEP4矯正装置の取り付け・準備

画像

矯正装置を取り付け、治療スタートです。
虫歯や歯周病などがあれば、先にそちらの治療を行います。
全ての矯正器具が取り付けられた、もしくは準備できたら、3~4週間を目安に定期検診に来ていただきます。

ブラケット(唇側・舌側)での矯正の場合
歯のクリーニングを行った後、ブラケットを装着し、ワイヤーセットします。

マウスピース型矯正の場合
患者さんの歯並び・口内状況を「専用のスキャニング・マシン」で読み取り、もしくは「型取り」を行います。
その資料をもとに医師が治療完了までの治療経過を考え、インビザライン会社に送り、装置の製作に入ります。
装置が出来上がるまでに、約1カ月かかります。
準備ができたら、治療スタートです。

STEP5矯正装置の調整

画像

定期検診では、主に以下のような調整を行います。

ブラケット(唇側・舌側)での矯正の場合
ワイヤーを外して、クリーニングを行い、ワイヤーの微調整を行います。
必要に応じて「虫歯の進行」を予防するジェルを湿布することがあります。

マウスピース型矯正の場合
マウスピースの適合具合を確認します。
また、マウスピースのクリーニングを行います。

STEP6保定

画像

治療終了後は、後戻りを防ぐためにリテーナーを装着します。
また、態癖の改善も行い、歯の安定を図ります。
部分矯正治療を行った目的によって「保定期間」は異なりますが、歯が安定するまで保定させ、後戻りを防ぎます。

矯正治療後の「後戻り」を防ぐために

画像

矯正治療後に後戻りを防ぐための方法について、詳しくお伝えします。

リテーナーの使用

まず当院では、治療終了後、必ずリテーナーと呼ばれる装置を一定期間装着していただきます。
リテーナーは歯を安定させ、後戻りを防ぐ役割を果たします。
歯を動かすと、自然な咬合力によって元の位置に戻ろうとする力が働きますが、リテーナーはこの力を抑制し、歯並びを維持します。
適切な期間リテーナーを装着することで、後戻りのリスクを軽減し、安定した結果を保持することができます。

態癖の改善

歯の後戻りを防ぐためには、患者さんの態癖にも注目します。
態癖とは、日常生活の中で無意識に行われる歯に負担をかける癖のことです。
例えば、
・頬杖をつく
・横向きやうつぶせで寝る
・唇を巻き込む
などの行動があります。

これらの癖は、歯に余分な力を加え、歯並びを崩す原因となります。
当院では、これらの態癖の改善に向けたアドバイスや指導を行い、歯の健康を保つためのサポートを提供しています。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

24時間受付中 WEB予約

ご予約・お問い合わせ

042-974-5939

〒357-0021
埼玉県飯能市双柳1248
(駐車場13台分を完備)

このページの先頭に戻る