飯能市双柳で「歯の神経を抜かない治療/MTA」|飯能矯正歯科クリニック

キービジュアル

歯の「神経の有無」は歯の寿命に関わります

飯能矯正歯科クリニックでは、次の取り組みで可能な限り歯の神経を残します。

  • MTAセメント
  • バイオセラミック
  • 断髄法

※セカンドオピニオンにも対応※

「歯の神経を残す」ことにこだわります

画像

歯の神経には、歯に栄養を送ったり、熱い、冷たいといった温度を感じさせたり、さまざまな役割があります。そのため、歯が健康であるための「バロメーター」と言ってもよいかもしれません。

そんな歯の神経を失ってしまうと歯は脆く欠けやすくなってしまうため、神経を取るのは最終手段です。

当院では、「歯の神経を残す」処置を取り入れています。具体的な取り組みについてご紹介します。

「歯科材料」で歯の神経を守る

虫歯が神経まで達している場合には、神経を取る処置が必要ですが「バイオセラミック」「MTAセメント」といった歯科材料を使うことで、神経を残せる可能性が高くなります。

最先端の材料「バイオセラミック」

画像

従来は感染した神経の部分だけを除去できなかったため、神経を取り除くしか方法が有りませんでした。しかし、歯科医療の発達により生まれた「バイオセラミック」は虫歯菌の繁殖を抑えながら神経を保護できるのが特徴です。また、封鎖性にも優れていて外部の細菌の侵入も防ぐため、再感染のリスクも軽減されます。

殺菌作用の高い「MTAセメント」

画像

MTAセメント」はバイオセラミックと同様の効果が期待できる材料です。身体への馴染みやすく、非金属の素材のためアレルギーの心配がありません。また、MTAセメントの周囲の組織や骨は再生することができ、歯の強化に繋がります

「治療法」で神経を守る

画像

断髄法」は死んでしまった神経の組織だけを取り出して、生きている神経を残す治療法です。従来は、子どもの歯に適応していた治療法ですが「マイクロスコープ」や先ほどご紹介した「バイオセラミック」や「MTAセメント」の登場により大人の歯でも適応できるケースが増えています。

視野を拡大する「マイクロスコープ」

画像

歯の神経を残す治療は暗い、狭いといった悪条件の中での治療になるため、肉眼で内部の状態を把握するのは不可能です。特に、神経を傷つけてしまうと壊死する可能性があり、繊細な処置が求められます。
当院では「マイクロスコープ」という歯科用顕微鏡を使用しながら治療を進めていきます。マイクロスコープは視野を最大20倍まで拡大でき、肉眼とは比較できないほどの情報量を得ることが可能です。その結果、生きている神経を傷つけない精密な治療ができるのです。

当院の治療の流れ

画像

Step1精密な検査・診断・治療法のご提案

症状の有無や患者さんのご要望をしっかりと聞いてから、必要な検査を行います。
検査の結果をもとに、原因を特定し診断します。
その後、患者さんに適した治療法をいくつかご提案させていただきます。

Step2精密治療

画像

マイクロスコープで正確に歯の状態を把握した上で、感染部位を除去します。
歯の状態によってバイオセラミック、MTAセメントを使い神経を保護します。

Step3予後チェック

画像

治療後、傷口が回復するまで待ちます。痛みや違和感などがないことを確認し、問題ないと判断した後、被せ物治療へと進んでいきます。

「セカンドオピニオン」のご相談も受け付けています

画像

「神経を抜くしか方法がない」と言われた時に、相談できる人はいますか?家族や友人に相談しても「わからない」と言われることがほとんどだと思います。

また、インターネットでは情報が溢れていて、見ているうちにどの情報が正しいのかわからなくなる方も少なくありません。歯科医療でも医科と同様に、他院の歯科医師に意見を求める「セカンドオピニオン」ができます。

神経は一度、取ると元には戻りません
ひとりで悩まず、他に治療法がないのか知りたい方は是非、当院にご相談ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

24時間受付中 WEB予約

ご予約・お問い合わせ

042-974-5939

〒357-0021
埼玉県飯能市双柳1248
(駐車場13台分を完備)

このページの先頭に戻る